さく井工事をするなら実績のある業者に依頼するのが鉄則

井戸を掘る流れ

さく井工事は仮設機器の設置から始まります。事前調査による目的深度まで掘削を行い、ケーシング管を挿入します。測定機により電気を流し、帯水層を確認したらケーシングを挿入して、その内部に洗浄砂利を入れます。仕上げ作業の後、揚水試験や水質検査を行い、さく井工事は完了となります。

水源を確保する仕組み

さく井工事は井戸を作る工事であり、その仕組みは地下に流れる川から水をくみ上げる穴を掘るというものです。今の井戸はとても細いパイプを通して使うので、見た目は普通の水道と変わりません。飲料水だけでなく空調設備に使われることもあり、コストを抑えることも出来ますが、国と自治体の認可には気を遣いましょう。

井戸を掘るには

男性

さく井とは「さくせい」と読んで、井戸を掘る作業を言います。さく井工事は、ボーリングマシンによって行われます。ボーリングマシンで地中深く穴を掘って、井戸を作るために地下水をくみ上げます。業者は単に穴を掘るだけでなく、十分に安全管理を行い、騒音が出ないような対策も行っています。高度な技術で注意深く、穴を掘り進めます。温泉掘削なども、さく井工事の中に含まれるようです。さく井工事を行う際の業者の選び方ですが、ハウスメーカーや工務店、または水道事業者などからの紹介がよいでしょう。これらの業者に知り合いがいない場合は、知人や友人から紹介を受けることも考えられます。過去に家を建てた経験のある知人がいれば、このような業者を知っている可能性があります。インターネットを利用してさく井工事業者を探す場合は、口コミをチェックしてみてください。ホームページなどを見て良さそうな業者が決まったら、複数の業者に対して見積りを取ってみましょう。複数の見積りを取ることで、それぞれの業者が提示するさく井料金や工事内容などを比較することができます。さく井工事には、高い技術が必要になりますから、料金だけでなく技術面なども比較してみた方がよいでしょう。見積り金額が高い業者でも、工事内容を変更してもらうことで値段の交渉をすることが可能です。見積りというのは一種の目安なので、工事内容がいいと思った業者には、価格を交渉してみるとよいでしょう。

水の汲み上げのために

さく井工事では、最初に水が出るかどうか、機材を設置できるかどうかといった調査が行われます。特に問題がなければ、地面を掘削してからパイプを挿入し、内部を洗浄します。その後ポンプを取り付ければ、井戸を使用できるようになります。費用は約30万円が相場ですが、事前調査のみという場合は約5万円となります。